ドライバーのスライス矯正のポイントは2つ

ドライバーのスライス矯正のポイントは2つ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

持ち方立ち方を踏まえ、
スライスを出にくくする方法
ご紹介します。

一つ目に、
クローズドスタンスを行うことです。

最近のクラブはヘッドが大きくなり、
昔のヘッドとは違う方法で
飛ばすようになっています。

Sponsored Links


クローズドスタンスを行うことにより、
バックスウィングの回転量が
確保されるようになります。

「深い回転」と「左の壁」を

意識してください。

二つ目に、
右の肘が常に緩んでいることを
意識してください。

野球ボールを投げるイメージで、
常に少し浅めに右手を使います。
決して力を入れてはいけません。

クローズドスタンスと右肘に
注意することにより、
スライスする確率が
非常に少なくなります。

右手を緩め、
クローズドスタンスで
立つことにより、ボールポジションを
一個分右寄りにすることができます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ