ドライバーのフェースターンを身につける

ドライバーのフェースターンを身につける

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

正しいフェースターンとは何でしょうか。

よくヘッドを返せと聞くと思います。

ヘッドは開閉する動作を
起こさなければ球は飛ばないのですが、
返す動作を意識してやっていますか。

正しい過程を踏めば
勝手に返ってくるのですが、

手を大きく使って返さなければ
いけない状況を作ってしまうのです。

Sponsored Links


インパクト後は、左手が見えて、
右手が上を向いた状態で終わらせたい
という本来は、自然にできたらよい状態を、

あえてしようとしてしまうと
タイミングによっては、

遅ければ右に飛び、
早すぎると左に飛んでしまいます。

なので練習場では、まっすぐ飛ぶには
どのタイミングで打てばいいのかを
練習すると思います。

例えばそれで、
まっすぐ飛ぶようになったとしても

ゴルフ場に行き、いろいろな緊張感の中
練習場のようにはいかなくなり、

ちょっとしたタイミングで
すぐにボールが曲がってしまい、
不安定になります。

そこで、何もしなくてもクラブが勝手に
返ってくれたらいいですよね。

手の返しが大きいと、
ヘッドが返っているので
多少飛ぶかもしれませんが、

ボールに対して入ってくる
角度が鋭角で、クラブが
すごく早く跳ね上がっているので、

ボールにスピンをかけられなくなってしまい
キャリーが伸びなくなってしまうのです。

体の回転でクラブを動かしてあげた方が
ライ角度もキープしながら
ヘッドが低いところで返るので、

打ちたい方向に力がかかっていきますので
球が速くなります。

では、どうしたらよいのかというと
横から腕を持ってきてスッとクラブに添えて
両ヒジを軽く曲げてみて下さい。

曲げた分ボールとの距離が
短くなるのでボールに少し寄り、
曲げたまま胸を左右に揺らします。

アークを大きくするために
しっかり伸ばそうとしていたことにより、

腕と体の関係性が完全に
断たれてしまい、体をいくら回しても

ヘッドが返ってこないので、
自分の意志で返す必要があったのです。

手打ちで悩んでいる人は、
手を返さなければ
球がつかまらない方が多いのです。

ヒジを体に近づけて
体のターンだけで打つイメージ
変えるだけなのです。

こんなちょっとした改造で、
打てる気がしないと思うかもしれませんが、

結果はきちんとついてきてくれますので、
練習してみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ