ドライバーの正しいアドレスのポイント紹介

ドライバーの正しいアドレスのポイント紹介

動画レッスンは一番下からご覧ください。

ドライバーでのスタンス幅の
一つ目のポイントは、
上半身と下半身のねじれの差です。
「肩が90度、腰が45度」を目安にしてください。

スタンス幅を狭くとると、腰が回転しがちです。

そうするとトップスイングのときに
上半身と下半身が一緒に回ってしまい、
トップ位置でパワーをためておけなくなります。

Sponsored Links


次に、スタンス幅を極端に広く、
とった場合ですが、
バックスイングからダウンスイングに
振り下ろすとき、
左足に体重が乗らなくなります。

適切なスタンス幅は、「肩幅より広め」くらいです。

この体勢からならば、
体重移動がスムーズにでき、
上半身と下半身のねじれ角度にも
きちんと差ができるはずです。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ