こうする!ドライバーの飛距離を伸ばす肘の使い方

こうする!ドライバーの飛距離を伸ばす肘の使い方

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ドライバーの飛距離をアップさせるためには
まず全体の筋肉、
背中の大きな筋肉を使うことが重要です。
今回は、最初の姿勢について勉強しましょう。

ヒジを曲げて打つと、
体を使ってスウイングする事ができるように
なることに加え、クラブの軌道が
安定してきます。
クラブが遠回りしないようになります。

Sponsored Links


ヒジを胸の前でギュッとしぼらずに、
両サイドから
囲うような感覚でクラブを握ります。
そうすると、体の動きを伴いながら
打つことができます。

体を使って描く円が重要です。
腕を伸ばしてしまうと、
インパクトのゾーンを内側から内側へ
ひきやすくなり、クラブに時間がかかり
力が分散されてしまいます。

ヒジを軽く曲げ、
クラブのスクエアをイメージします。
インサイドインに強く入らずに、
まっすぐ動く感覚をつかみましょう。

スイングを変える時というのは、
スウイングの途中も重要ですが、
セットアップの段階から
肘の角度を変えてみるだけで、
全然違ってくるのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ