ドライバーを飛ばすには筋力ではなく回転力

ドライバーを飛ばすには筋力ではなく回転力

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

軽く振った方が飛ぶという
アドバイスがありますが、

軽くというのは腕と思う方が
一番多いと思います。

 

腕を使ってアークが大きい方が飛ぶと思い、
腕を使って大きく飛ばそうとしますが、
実際にはそれほど飛んでいきません。

ドライバーやフェアウェイウッドなどは、
そんなに力んで大きく振ろうと思わなくても
実は飛ぶのです。

サンドウェッジで
40ヤードほど飛ばすイメージで、

Sponsored Links


スタンスもアプローチのような感覚で、
ドライバーを打っていきます。

200ヤードくらい飛びました。

実は、大きく振ることは
飛距離に影響しないのです。

コンパクトな動きでも、
体の近くを通るというよりは

一体化させて回転している方が
球は飛ぶのです。

ドライバーだと思わずに、
腕のゆとりも下半身もスタンスも、

すべてアプローチのような感じで
打ってみて下さい。

これは、スウィングを意図的に
小さくしようとしているのではなく、

クラブの力がボールに当たっていくことを
意識しているだけなのです。

今までよりも芯に当たる確率もよくなるし、
振り幅もそんなに大きくないので

クラブは緩やかな軌道を
描いてくれるのです。

腕に力を入れて振ろうとせずに、
体の回転するスピード

増やすことによって
飛距離が伸びていきます。

アプローチをするイメージで、
ドライバーを練習してみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ