ドライバースライス矯正法は転がすこと

ドライバースライス矯正法は転がすこと

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

転がして飛ばせというと
グリーン周りを想像しますよね。

それをドライバーで転がしてみましょう。

ドライバーもロフトがついてますから、
転がそうとしても
なかなか転がるものではありません。

ゴルフを練習場から始める方が
多いのですが、的に撃つというよりも、

きれいに上げようとする方が多くて、
その動作を基礎ができていない段階で
やってしまうと、

スライスが直らなかったり
球が飛ばなかったりしてしまいます。

ボールを上げようとする動作が
悪い我流を作ってしまうことが多いのです。

Sponsored Links


今のクラブはボールを上げる、
とらえるという機能がついているので、

クラブに任せて、

自分は的に向かって
転がすイメージの方が

いいスウィングになります。

クラブが助けてくれるのに、
ゴルフは腕だからと一生懸命、
ボールを上げよう、

とらえようとしてスウィングが
どんどん悪くなる傾向にあるので、

球を転がすイメージだけで
スウィングをよくしていこう
というのがねらいです。

飛ばしたいという意識を持った時に
下からあおって打つ方が多いです。

皆さんが思う上げるという感覚は、
フェースが開いているというよりは
右に向いている感覚なのです。

ほとんどの方は、上げようとするあまり
フェースが返せない状態に
なってしまっているのです。

あとから体で補っていても
フェースが戻りきらず大きな
スライスになってしまいます。

では、ドライバーで転がしてみましょう。

フルショットをせず、
ハーフスウィングに近い
ショットをしてみます。

実は、低く打とうとすれば、それだけ
体の回転にクラブが同調してくれるので
回転に沿ってヘッドが返ってくれるのです。

体の回転にクラブの回転を
合わせてくるのが苦手な方が多いので、

最初は軽くてもよいので
低く打つイメージを持つ
クラブはボールをとらえてくれるのです。

ボールがとらえられなかったり、
スライスが止まらなくなってしまったら、
転がすようなイメージで打ってみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ