バンカーで飛ばさずピンに寄せる方法

バンカーで飛ばさずピンに寄せる方法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

飛ばすセットアップをして、

飛ばさないように打つか、
飛ばさないセットアップをして、
しっかり振り抜くかどちらが自分に
合ってるか考えてみましょう。

まずハンドファーストになってるのを
ほどいてあげることです。

ピンに対して手元が飛球線上に倒れてしまい、
A角分にあげて打ち込むと
砂の取り方が浅くなるので
その結果、球が飛んでしまうという
ことになります。

Sponsored Links


ハンドファーストを
ほどいてあげるというのは
手元が倒れこまないように、
イメージとしては手前より
ヘッドのほうが前に行く感じで構え、
そして打ち込みます。

ハンドファーストの癖があって、振り切れる人は
ハンドファーストしないように気をつけます。

逆にバックスイングを大きく出来ない人は
サンドウェッジを使わずに
アプローチウェッジでも十分あげられると思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ