バンカーショットの打ち方、失敗しがちなポイント

バンカーショットの打ち方、失敗しがちなポイント

バンカーショットで失敗してしまう方は、
大抵ボール手前15センチから20センチという、
かなり手前のところから
クラブが入ってしまうようです。

Sponsored Links


軽く腰を落として、
若干遠目に感じるぐらいのところでクラブを振れば、
正しく入るはずですので、
手前から入り過ぎないように気をつけてください。

右手の角度をきっちり保って、
ショットを打つように
打つといいでしょう。

フェイスに載せて打ちつというよりも、
振り子のように自然に振って、
ヘッドが自然に落ちるのを待つイメージです。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ