バンカーショットの打ち方、砂地の特徴を掴む

バンカーショットの打ち方、砂地の特徴を掴む

苦手な人が多い、バンカーショット。

苦手な人が多いからこそ、
バンカーショットがうまくなければ
スコアメークがしやすくなります。

バンカーから1発で抜け出せるのか
何打もかかってしまうのかによって
その後の展開に大きく影響を及ぼします。

バンカーの種類についてですが、
大きく分けて、2種類あります。

1.やわらかい砂のバンカー
2.かたい砂のバンカー

砂の特徴に合わせて、
打ち方を変える必要があるということです。

今回ご紹介するのは
やわらかい砂でのバンカーショットのやり方です。

Sponsored Links


やわらかい砂でのコツは、
「大きく振り上げて、ゆったりとスイングをする」
ということです。

具体的なスイング手順としては、

1.大きくスタンスをとります。
ボールは中心よりも左サイドに置く

2.フェイスの角度は1時半から2時半に構える
開いてからグリップをつくります。

3.大きく振り上げて、ゆったりと振る

やわらかい砂の場合は、
スイングしたときに、砂に埋まりやすいですが、
ここで埋まりすぎるとき大きなミスにつながります。

フェイスをひらくことによって
裏のバンスが埋まらないようにしてください。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ