バンカーショットの打ち方とコツ

バンカーショットの打ち方とコツ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

アマチュアプレイヤーにとっては
「永遠の悩み」ともいえる、

バンカーショットをレッスンします。
攻略法はあるのでしょうか。

最初に、スクエアに構えます。

スクエアに対し、
クラブのフェイスを
オープンにして構えます。

その理由は、クラブの
「バンス」と呼ばれる部分を
うまく利用するためです。

Sponsored Links


逆に言うと、そこを利用しようとすれば、
おのずとフェイスが開く構え方になります。

ここでをオープンにしないと、
クラブのフェイスが砂に深く
潜った状態になってしまいます。

その状態では、
余計な砂がフェイス部分に
のしかかってきますから力が出ません。

その点、をオープンにしておくと、
フェイスが砂に潜りにくくなります。

もしバンカーに入ってしまっても、
フェイスが閉じた状態よりはずっと

バンカーから抜け出ることが
容易になります。

フェイスを開いた角度とスタンスの向きは
同じ角度にしてください。

バンカーを利用して、
軽くクラブの先でなぞって
印をつければわかりやすいのでは
ないでしょうか。

ボールはこころもち左足に寄せて、
体重も左足に乗せぎみにします。

足をこの位置に構えた時点で、
適切なアドレスが完成しているはずです。

ボールから何センチ、
という具体的な数値よりは、

球の位置が目玉焼きの黄身、
周りの砂が白身ととらえてみましょう。

わかりやすいイメージに
つながることと思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ