パターで曲がるときは、仮想カップを設定すること

パターで曲がるときは、仮想カップを設定すること

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ゴルフボールは、減速すると
曲がっていきます。

そのため、
カップまでを目標に打ってしまうと、
カップの手前で曲がり始め、
最終的にカップから遠ざかってしまいます。

Sponsored Links


そこで、パッティングの際は
放物線を意識することが大切です。

放物線をイメージして打つ時、
ボールが曲がり始める場所に
仮想のカップを作ります。

仮想のカップに向かって
パッティングすることで、
カップの近くでボールを止められます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ