パターのストロークを上達させる練習法

パターのストロークを上達させる練習法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

パッティング編です。
ピンでゲートを作って、
その間に球を通す練習をします。

この時に、例えカップに入らなくても
ゲートにあたらずにボールを通すように
ストロークできるかが大事です。

偶然でカップに入っているというのでは
全く意味がないのです。

次に、距離を伸ばしてみましょう。
ゲートを通すイメージで、
10メーター打ちます。

Sponsored Links


するとこれまでゲートを簡単に通すことが
できていたのに、
途端に難易度が上がるのです。

これは出玉がぶれいるので、
その先でずれて
距離が合わなくなってくるからです。

こういう練習をしっかりする事で
パッティングはどんどん上達します。

パッティングの精度を上げていくためには、
構えた時に、ストロークをする前の
フェイスの面の位置を確認します。

それで、方向性を決めてしまったら、
あとは強弱だけに集中しましょう。

ストロークをしている最中に
方向性も気にして打とうとしても
距離も方向性も合わせていくことは
かなり難しいでしょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ