パターのストローク練習法、パターと一体化する方法

パターのストローク練習法、パターと一体化する方法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

パッティングの際は、
パターを体と一体にすることが大切です。

自然と振れるようにするため、
腕と体に支点を作ります。

楽な腕の位置で脇をしめ
両脇とパターを持つ手が
きれいな逆三角形になるようにします。

そして、背骨を意識して体を回転させると
自然とパターが自然と左右に振れます。

Sponsored Links


この時、手元が遊ばないようにし
手元は使わないことを意識します。

そうすることにより、
パターも体もブレが少なくなるため、
まっすぐ目標に対して
ボールが進むようになります。

パターと一体になり、
背骨を意識して振ることで、
安定したパッティングができるのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ