パターをショートしてしまう原因と解消法

パターをショートしてしまう原因と解消法

5メートル以上のパターになると
距離を意識してショートしてしまう、
なんてことはありませんか?

ショートしてしまう要因としては、
バックストロークの振り上げが
大きいことが考えられます。

距離感が鈍って、振り上げた瞬間に
これでは大きすぎるのではないかと、
つい弱めて打ってしまうのです。

ショートが続くと気持ちが苛立ち、
しっかり打とうというモチベーションが
大オーバーにつながってしまいます。

そのため、バックストロークを
最小限にしていくということを
意識して行いましょう。

Sponsored Links


おそらく、どこかの距離だけは
ピッタリ合うという現象が生じます。

その距離が、そのとき行っている
バックストロークの
ちょうど見合った距離なのです。

それからどんどん近くなるにつれて、
振り上げを小さくしていく
練習をすると良いでしょう。

例えば、いつも振っているストロークで
気持ち良く打ってみて、
15メートル転がったとします。

そうしたら、それ以下は
どんどん振り上げを小さくしていく
必要があります。

全てその振り上げから
インパクトを弱めて距離を落とそうとすると
上手くいかないので、

まずは自分のストロークで、
気持ち良く打てる距離を探してみましょう。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ