ピッチエンドランの打ち方のポイント

ピッチエンドランの打ち方のポイント

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ピッチ&ランのショットは、
チップショットと似てます。

違うところは、足幅だけです。

簡単に言うと、
足元はヘッド一個分あけて、
右足の前にボールが来るように立って手元を
アルファベットの小文字のyの形にして打つのが、
チップショットです。

Sponsored Links


手元は同じようにして、
右足の幅を広げます。

そして、重心を左足6対、
右足4の割合でかけます。

あとは、手元を8時から4時の
振り子の幅で打ちます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ