フックとスライスの打ち分け法

フックとスライスの打ち分け法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

「フック」と「スライス」の
2種類の球筋の簡単な打ち分けの
レッスンです。

これは林の中に入っても
役立つ可能性があるので、
ぜひ覚えておきましょう。

まず、ストレートボールを打つ場合ですが、
ピンに対してクラブの

Sponsored Links


フェイスの向きをスクエアにし、
スタンスをスクエア構えてください。

フックボールを打つ場合は、

「打ち出したいとイメージする
方向に対して右」

です。

曲げたい方向と逆の方向に
スタンスの位置をずらします。

スタンスに沿って振ると、
フックがかかります。

この場合、ボールの位置が
右足寄りになっているので、

フェイスが立ち気味になってしまいます。

クラブの番手を1つほど
下げたぐらいがおすすめです。

スタンスはスクエアに構えて、
フェイスはそのままにして、
左のほうに置きます。

そのままスタンスに沿ってショットします。

コツは、ボールと足の距離は変えず、
スタンスの方向を
変えることで調整することです。

ボールがコンパスの中心、
足の位置が円を描く
芯のようなイメージです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ