ゴルフでプッシュアウトする原因とは!正しいダウンスイングについて

ゴルフでプッシュアウトする原因とは!正しいダウンスイングについて

プルゴルファーの瞬間的なフォームを参考にしてしまうと、
思うように打てなくなってしまうということを
理解してていただくためのレッスンをします。

「ダウンスイングのとき、クラブシャフトがボールを指す」
という表現をします。

これは、シャフトの延長線上に
ボールがあるようなイメージですが、
そこだけをとらえてフォームを練習するのは間違いです。

Sponsored Links


実際は、クラブはトップから
真下に振り下ろていされますが、
その際に、体の回転が加わることにより、
クラブヘッドの重さや慣性も働いて、
シャフトが自然に斜めになるだけです。

プロの人たちには、
「斜めにおろしている」という意識はありません。

意識的に斜めにおろすようなスイングを続けていると、
体にも回転が入りますから、
クラブが想定よりもっと傾いてしまいます。

その結果、ボールが右方向に
プッシュアウトされてしまいます。

逆に言えば、
右方向へのプッシュアウトに悩んでいる人は、
自分がクラブを意識的にそこに来るように
動かしていないかどうかをチェックしてみましょう。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ