プリショットルーティーンのコツ、打つ前に気を付けること

プリショットルーティーンのコツ、打つ前に気を付けること

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

コースでの情報収集をします。

ボールは浮いているか、沈んでいるか、
距離はどのくらいか、
風向や風速、コースの傾斜などを
チェックしてみましょう。

カートにモニターがついている場合は、
モニターで距離を確認できます。

Sponsored Links


モニターがない場合でも、
ヤード表示が役に立ちます。

実際に歩いて、何歩で何ヤードかなどを
見きわめます。

風についてですが、
樹木で覆われたゴルフ場の場合、
樹木が防風林の役割をするため、
旗がはためかなくなって、
風向や風の強さが読めません。

そういう場合は、樹木を旗に見立てて
どこが揺れているかを見るのも手です。

それから、コースの高低差をつかみます。

その後、ショットをイメージして、
総合的に考えて、どのクラブがいいかを考え、
選びます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ