プリショット・ルーティーンで最大限の力を発揮

プリショット・ルーティーンで最大限の力を発揮

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

プリショット、
つまりショットに入る前の準備について
レッスンします。

まず、コースの状況を見て、クラブを選びます。
そのクラブで、必ず素振りをしてください。

ところで、ボウリングは
したことがありますか?
投げるときの目標とするための
“スパット”という印が
レーンについています。

Sponsored Links


ゴルフでも、
このスパットに当たるものを決め、
そこに狙いを定めてショットすると
いいでしょう。

このときのポイントは、
スパットをできるだけ近くに定めることです。

スパットに合わせ、クラブを直角に合わせます。
こうしてアドレスが決まったら、
再度、ピンのほうを見てください。

改めて整理すると、

1、スパットを決める
2、その場で素振りをする
3、スパットに対してフェースを直角になるように合わせる
4、アドレスが決まったらもう一度ピンを見る
5、ショット!

となります。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ