ヘッドスピードをあげる!飛距離アップのスイング練習

ヘッドスピードをあげる!飛距離アップのスイング練習

スイングの練習をする前に、
非常に軽いシャフトの先にボールを取りつけただけのもの、
もしくは似たようなものか、
単に、クラブを逆に持っただけでも結構です。

こうしたものを用意してください。

速く、スイングしてみてください。

軽いものを速く振ろうとすると、
つい、腕を熱心に振ろうとしてしまうのではないでしょうか。

Sponsored Links


一生懸命振ろうとすればするほど、肩が開きます。

そうではなく、先端を加速させてください。
先端を、先端を、という意識です。

そしてスイングの音を、ヒューン、ヒューンという音ではなく、
短く高い音、ピュッ、ピュッ、
というような音を出せるように心がけます。

そのときに重要なのは、
すべての力をインパクトの位置で発散する
というつもりでスイングするということです。

腕をいくら加速させても長く低い音しか出ません。
先端を加速させ、高く短い音を出すつもりで振ってください。

この理論は非常にヘッドスピードを上げるのに役立ちます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ