ランニングアプローチでありがちなミスの解消法

ランニングアプローチでありがちなミスの解消法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ランニングアプローチとは、
コロコロと転がって
ピンに寄っていくアプローチです。

高く上がるボールと低く転がるボールでは
後者の方が軽い力で
遠くまで飛ばすことが出来ます。

Sponsored Links


なので、何も障害物が無い場合は、
ランニングアプローチが効果的です。

しかし、ランニングアプローチは
ボールが上がってしまいがちです。

それは構えるときに気をつけていても
インパクトのときに
フェースが開いているからです。

それを防ぐために、
インパクトの瞬間をイメージして
アドレスすることが効果的です。

インパクトの瞬間の体の状態を作ったまま
アドレスをすることで、
フェースの向きが最後まで変わりません。

それにより、ボールが上がってしまう
というミスが起きず、
ピンにしっかりと
寄せることが出来るのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ