ロングアイアンの打ち方のポイントは2つ

ロングアイアンの打ち方のポイントは2つ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ロングアイアンの違いはクラブの長さです。

長さが違うためショートアイアンの場合、
ボールと体との距離が近いので、
姿勢は前傾になります。

それに対して、ロングアイアンの姿勢は
それよりも起きた上体になります。

Sponsored Links


クラブが長いと前傾が浅くなるので、
スウイングはショートアイアンに比べて
若干横に振るイメージを持ちましょう。

握ったクラブによって
正しい姿勢で打つことを意識することによって
良い角度でボールを打つ事ができます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ