上半身を何もせずに捻転でドライバーの飛距離はアップする

上半身を何もせずに捻転でドライバーの飛距離はアップする

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

飛距離を伸ばすためには、
苦しいと感じる捻転を
どのように腰の回転を使って
素早く戻すかにかかっています。

下半身から指導するということを
よく言われていますが、
腰を回転するというイメージでもいいですし、
膝を使うというイメージにしてもOKです。

そして、上半身は何もしない。

腕がインサイドからアウトサイドに
ループしてしまうという人は
ループしないとクラブの軌道がプレーン上にが戻ってこず、
力が分散されてしまっています。

スタンスオープンにしスライスを意図的に打つことによって、
背中をしっかり使う。

捻転ができるバックススイングをしっかり作っていく。

あとは、これをほどくだけ、リリースするだけ、
それは、トップの位置からインパクトまで何もしないと
いうことなのです。

Sponsored Links


上半身は、何もしなくていいのです。
何もしないというのがゴルフでは一番難しいです。

飛距離を伸ばすことも大事ですし、
ミスにならない事も大事です。

リリースをしないと飛ばないと
聞いたこともあるかもしれません。

実際のダスティンジョンソンも
トップの位置からインパクトまで上半身は何もせず、
下半身の鋭いターンを使ってクラブを戻していく。

リリースは、
打った後に遠心力を使って自然にほどいていきます。

トップの位置からインパクトまでためたりすると、
たまりすぎ、クラブをほどくポイントが
全く見つからなくなってしまいます。

一番チェックしてほしいところは、
トップの位置から何もしないで腰の回転のみで、
クラブヘッドを戻し、スクエアになるかどうかです。

手で上げている人は、
腰の回転で戻ってくると開いてしまい、
クラブがボールに届きません。

手は、ほどくこともしない、キャストもしない、
何もイメージしないで戻してきたときにスクエアになると、
体を回すだけで自然なリリースが可能になります。

ヘッドスピードを上げていったうえ、
正確にまっすぐに飛ばす。

ダウンスイングからインパクトまで、
余計な事は何もしなくても
クラブがスクエアになってくるような
トップの位置・ダウンスイングのポジションを探してみれば、
飛距離は伸びるはずです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ