初心者のためのパター上達練習法

初心者のためのパター上達練習法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

パターの基本的な動きです。

まずグリップの持ち方です。

パターは、定型無しとも言われますが、
ベースはあります。

まずグリップをそのまま握るのではなく
手をすぼめて、親指の付け根に
溝が出来るので、その溝がグリップの
角の部分に当たるようにして持ちます。

持っていて、方向性を定めにくい場合は、
指を出したりして調整する方法もあります。

Sponsored Links


ボールを置く位置のポイントは、
左目の真下に置くということです。

左目全体の真下に置いた方が
パターをまっすぐ引くことが出来ます。

パターを打つ前の
一番のポイントといえるのが、
ボールとカップを結んだ線と、
目とカップを結んだ
空中での線が出来るだけ並行に
なるように合わせるということです。

そして、パターのソールの
スポット部分をなるべく地面につけます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ