ゴルフ初心者のためのスイング基本練習

ゴルフ初心者のためのスイング基本練習

ゴルフ経験が今までない方にとって、
いきなりフルスイングでボールを打つということは
見た目以上に難しいことです。

フルスイングで綺麗にボールを打つには
重心の位置や体のバランス、
さらに遠心力を考えなければいけません。

なので、初心者の方はまず小さいスイングで
ボールを打つことから始めましょう。

まず最初に、グリップの位置に気をつけましょう。

初心者はグリップを下から握ってしまいがちですが、
下から握ってしまうとグリップを強く握ってしまうため
上手くスイングできません。

Sponsored Links


ですから、横から握って
力が入りすぎないように気をつけましょう。

スイングは左右対称で振り子をイメージした、
腰より低い高さのスイングを意識しましょう。

スイングをする際に、
インサイドは体の前側に上げるように意識し、
またフェイスはボールに当たる瞬間に
少し上を向いた状態になるように意識しましょう。

しばらくこれらを意識して、
小さなスイングで綺麗なボールの軌道を描けるようになったら、
次は腰の高さのスイングを練習してください。

腰の高さのスイングの際には
手首を固定し体がふらつかないように
気をつけてください。

また、遠心力が大きくなり始まるので、
スイングする際はヘッドを背中側ではなく、
前側に持ってくるようにし、
体全体をひねってボールを打つように心がけましょう。

高い位置からのスイングになると、
コックが入りがちですが、
初心者は感覚を掴むまでは、
なるべくコックを入れずに練習するように心がけましょう。

そして腰の位置からのスイングになれたら、
今度は肩の高さから打つクォータースイングの練習をしてください。

この時、腕を上げた時は左腕が、
また振り切った時は右腕が
地面と平行になるように意識しましょう。

また、振り切った時には遠心力により
体がぶれがちなので、
頭と腰を意識してぶれないように心がけましょう。

一連のスイングを練習した後、
最後にドライバーの練習をしてください。

一連の練習からある程度の感覚は掴めていますので、
綺麗な動作で、また飛距離のあるドライバーを打つことができます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ