前傾姿勢をキープできない方へ、おすすめ練習法

前傾姿勢をキープできない方へ、おすすめ練習法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

おしりの位置が維持できれば、
前傾の姿勢を維持したまま
スイングできるようになります。

一つ目の練習法を紹介します。

まずは、壁におしりをつけて、
スイングする時の様な
前傾姿勢からスタートします。

手は組んでも、下げても良いです。
テイクバック(バックスイング)します。
右のお尻が壁についている状態です。

左のおしりはちょっと離れてます。

Sponsored Links


次に、ダウンスイングに入りますが
下半身から踏み込んで、
左のおしりをつけにいくような感じで
ダウンスイングします。

壁でなくても、椅子の背もたれを
応用しても良いです。

二つ目は、壁に向き合って立って、
前傾姿勢になり、手をつきます。

そして、スイングするように
バックスイングからフォローまで
下半身を中心にひねります。

一つ目に紹介した、壁におしりを
つけた練習を意識しながら動かします。

この二つ目の動きは、
わき腹や、股関節の柔軟性を
高める事にも役立ちます。

なので、ストレッチ代わりに
やっていただく良いと思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ