右肘がドライバーを打つときに重要なんです

右肘がドライバーを打つときに重要なんです

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

インパクトを迎える時、
右ヒジをどうしていますか。

しっかり伸ばすイメージで
打っていませんか。

プロが打ったあとにピンと
伸びているのを見て打つ時も
伸ばそうとしている方が多いですが、

これが飛ばなくなる原因と
なっているかもしれません。

伸ばした方が叩いたという感じになるので
やっている方が多いのですが、

伸ばしてしまうと、打つ方向ではなく
クラブの下に力がかかってしまうので
詰まってしまいます。

Sponsored Links


アドレスから右ヒジを曲げて、
打ったあとも曲げ続けるイメージ
打ってみて下さい。

ずっと、五木ひろしさんのような
イメージで振ってみて下さい。

左ヒジが緩んでいるのに
右ヒジが伸びていることはおかしいのです。

ゴルフ場で球がとらえられて
いないと思う時は、右ヒジに力が入って
伸びてしまっていることが多いのです。

クラブを握る時には
右手が左手よりも下に来るので、

両ヒジを伸ばしてしまうと
肩のアングルが開いてしまい、
スライスになってしまうのです。

アドレスでしっかり立とうと思ったら、
右ヒジにゆとりを持たせます。

ゆとりを持たせることで
右肩が下がってもよいのです。

右手が下にあるのに
肩を地面と平行にしてしまうと、

力をかけたい方向に構えることが
できなくなってしまうのです。

インパクトでヒジを曲げて
いいイメージになれば

アドレスも曲がり、ラインに対して
正しく立つことができます。

最初は、違和感を感じるかもしれませんが、
球がとらえられないと感じたら、

右ヒジを曲げてみて、
肩のラインもチェックしてみて下さい。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ