左一軸スイングで本当に上達できるの?!

左一軸スイングで本当に上達できるの?!

タイガーウッズ、石川遼などが取り入れていると
2010年のゴルフダイジェストに掲載された
左一軸打法。

左一軸打法は、
左股関節に軸を置き、
回転軸を固定して打ちます。

左一軸を取り入れることによって、
スイングが安定する、スライスやフックがなくなる
といった効果が得られると言われています。

ただし、
ゴルフ理論は様々な理論があるため、
一概にこれが一番良いとは言えません。

Sponsored Links


「絶対」ということは存在しないため、
良いところを取り入れていくのが良いでしょう。

たとえば、YouTubeで1000万回以上再生されている
竹内プロの理論に関しては、
アドレス時の体重配分は、
基本的には、5:5が理想です。

なぜなら、あまりにも
左足の軸を意識しすぎると、
テークバックの際に、
リバースピボット(頭が左にいく悪いクセ)になる
可能性があるから
です。

しかし、左足に体重を乗せる場合の
ショットも当然あります。

以上のことをふまえて、
体重移動の仕方について解説させていただきます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン

 

 



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ