左一軸スクエアグリップの握り方、使い方

左一軸スクエアグリップの握り方、使い方

左一軸のスクエアグリップとは、
グリップに左手をあわせ
人差し指と小指で持ち上げられる位置にします。

右手は中指と薬指でクラブを持つイメージで
グリップを挟むようにします。

左手はややフックグリップで
トップの位置では左親指がクラブを支えてくれます。

またグリップした右手の人差し指が
トリガーを引く状態になっていることで、
トップの位置でのオーバースイングを防いでくれます。

Sponsored Links


スクエアアドレスは、グリップしたクラブを
剣道の竹刀を正面に突き出したような正眼の構えにします。

スクエアグリップになっていれば、
背筋をまっすぐにしても手に力を入れずに
持ち上げることができるはずです。

腰を曲げ上体を前傾したアドレスでは、
両腕が胸に乗っている状態になっているはずです。

理想の腕の位置にするためには
正眼の構えの時になるべく腕を身体の前に伸ばすことです。

この骨格で支えるグリップが余計な力を抜いてくれて、
自然にスクエアなアドレスを作ってくれます。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ