弾力ある動きで飛距離を伸ばすスウィング方法

弾力ある動きで飛距離を伸ばすスウィング方法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

両手を広げてスウィングする方法
をご紹介します。

体を速く使うためには、
クラブが上がり切る前に

下半身を目標方向に動かし始める感覚
つかむ必要があります。

この感覚を身に付けるためには、
まず両手を広げて
スウィングしてみると良いでしょう。

Sponsored Links


まっすぐ立って、
両手を左右に広げたら、

胸を右に向けながらバックスウィング

そして、胸が右に向ききる直前に
下半身を切り返し、
フィニッシュまで振り切ります。

ポイントは、
体幹部は一枚の板のようにイメージし、
上半身と骨盤を一緒に動かすことです。

そして切り返した瞬間、
左の肩甲骨周りの筋肉が伸び、

それが元に戻ることによって
ダウンスウィングに入ることです。

このとき腕の力で
手を体に近づけてはいきません。

両腕は真横に広げたまま、
体を左右に回して
スウィングすることが大切です。

切り替えしたとき、
体がゴムのように弾力性のある動き
するようにしてください。

次に、クラブを肩に担いだ状態でも
同じ運動をしてみましょう。

両手広げたときよりも
難しいかもしれませんが、

同じように切り返して
上半身と下半身に時間差
作ることが大切です。

最後に、両手を肩の上に置いた状態でも
同じ運動をしてみます。

この状態でも、
ゴムのような弾力性のある
切り返しが出来るようにしてください。

あとはその切り返しの感覚を
通常のスウィングに取り入れれば、

下半身リードが身につき、
体を速く動かすことが
出来るようになるでしょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ