必見!ラフからのアプローチが上達する練習法

必見!ラフからのアプローチが上達する練習法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ラフに入ったり、
ボールを上げなければいけないとき、
フェースを開く人が多いと思います。

そうすると、ボールの下の芝を
くぐってしまいやすくなります。

ラフにボールが乗ったとき、
ボールの下には芝によりスペースが出来、
軽くティアップをした状態に
なっていることがよくあります。

Sponsored Links


軽く浮いたボールに対し、
フェースを開いたまま打ってしまうと、
ヘッドの上の方しかボールを捉えられず
ボールが上手く飛ばないのです。

ソールの機能として、地面に当たると、
自然と手を返したときのようになります。

なので、自分で手を返そうとしなくても、
手前にソールが入るイメージで打つことで
勝手に返ってくれます。

あまりフェースを開かず、
手前にダフってもいい、
くらいの気持ちで入れると、
簡単にボールが上がり、
止まってくれるのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ