急に出だすプルフックの原因と矯正法

急に出だすプルフックの原因と矯正法

ラウンド中にプルフックが生じ、
止まらなくなることがあります。
特にアイアンの場合に多く出ます。

プルフックが出る主原因は、インパクトの瞬間に
極端にハンドファーストを
作ろうとしてしまうことです。

ハンドファーストを作れば、
左には飛ばないのではと疑問を持つ方も
いるかもしれません。

Sponsored Links


アイアンの場合はフェースまでの距離が短く、
意識していないまま
ヘッドが左に返った状態で振り抜くことで、
結果、左に引っ張られるという可能性があるわけです。
これが「プルフック」です。

実は、最初のアドレスを再現し、
8時4時の軌道を手を固定した状態で振っても
ヘッドの重みで
ハンドファーストが自然に生じているのです。

ですから、意識してハンドファーストを
作るべきではありません。

右手と左手の位置を固定するように意識しても、
振り終わった後を見ると、
手がずれているのがわかるかもしれません。
このズレがプルフックにつながるものです。

振り終わった後に手がずれていないか、
グローブのラインを目印にして
見きわめることをお勧めします。

そのためにも、
ラインがわかりやすくデザインされた
練習用の手袋の使用をお勧めします。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ