手の返しのスピードでドライバーの飛距離がアップ

手の返しのスピードでドライバーの飛距離がアップ

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

手の返しのスピードで、
飛距離が変わってきます。

それは、ヘッドがボールに当たる
スピードが変わるためです。

手をしっかり返す練習として、
ヒザ立ちで打つというものがあります。

ヒザ立ちをすると、
しっかりと手を返さなければ
クラブが地面に当たってしまいます。

これが出来るようになると、
ヒザ立ちのまま打っても、
ある程度の飛距離が出るようになります。

その後、立った状態で
体を使いながら打つことで、
飛距離が伸びていくのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ