斜面でのアイアンの打ち方!これで納得!

斜面でのアイアンの打ち方!これで納得!

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

傾斜地での、

つま先上がり・つま先下がり

についてお話しします。

まず、つま先上がりです。
体重がかかとにかかりやすいので、
スイングも回転する度合いが
強くなります。

その結果フックが強くなるため、
最初からフックすることを前提に
右方向に構えることがポイントです。

Sponsored Links


そして、二つ目のポイントは、
ボールとの間隔が近くなるので、
クラブを短く持つことです。

しっかり振り切って
フックをかけていきましょう。

短く持って、しっかりとコンパクトに
思い切りフックをかけるようにし、
曲がりの幅は経験で覚えていきましょう。

次に、つま先下がりです。
いつもよりボールが身体から遠いので
難しいショットです。

つま先上がりとは逆に、
今度はクラブを長く持ちましょう。

スイングは遠くの球を打とうとするために
フェイスが開きやすくなり、
そのため、スライスになります。

ですので、スライスを前提に
左方向を向いて打つことがポイントです。

下半身をしっかりとバランスよくし
スライスをかけましょう。

そして、二つ目のポイントは、
ボールとの間隔が遠くなるので、
ダウンで膝を伸ばさないことが重要です。

傾斜地でのスイングは、
いずれもトラブルによるものです。

下半身をしっかり固定して、
大降りしないことが大切です。

平らな所ではないので、
欲張ったスイングをせず、

次のショットのことを考えて
急がば回れの精神で、
打っていきましょう。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ