斜面の練習法、重心の取り方をマスターしよう

斜面の練習法、重心の取り方をマスターしよう

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

傾斜面での重心についてレッスンします。

斜面で最も戸惑うのは、

体重の置き所ではないでしょうか。

そこで、斜面では重心をどうかけたらいいかを
練習します。

まず、普段斜面で打っているときの
ショットをしてみます。

Sponsored Links


重心の取り方に迷いが出たら、
傾斜を歩いてみましょう。

無意識にかかとに重心を乗せるような
歩き方になっていませんか。
これが斜面での安定につながります。

また、斜面でのアドレスは、
クラブがボールに届くようにと
前かがみになっているケースが多いのです。

この状態で重心がかかとにあれば、
体は安定しますが、
つま先にあると、くぐらついてしまいます。

また、前かがみではなく、膝を曲げ、
腰の位置を低くしたアドレス
より望ましいです。

体の左右に傾斜がある場合は、
少し体重が左に偏ってしまうところを、
右に戻すように意識して
アドレスが安定的にとれるようにしてください。

傾斜に沿った体重の取り方
いつも心がけてください。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ