方向が安定しない?!方向性アップの実践練習

方向が安定しない?!方向性アップの実践練習

ティーショットでドライバーが打てません。
安定したショットができるようになりたい。

安定したショットができないという場合、
ドライバーで力が入りすぎているというのが
原因の1つとして上げられます。

そのため、どれぐらいのパワーで打つと
どうなるのかということを
まず自分で実感してみることをしましょう。

Sponsored Links


まず最初に、ヘッドスピードを最大で打ってみてください。
目標方向に行かなくてもかまいません。

多くの人が全然意図をしないところに
打球が飛んでいったと思います。

次に、100ヤードの目標に向かって打ちましょう。
ここで気を付けるのは、
前傾角度のキープなどの体勢です。

その次は、150ヤードをまっすぐ打ちましょう。

最初のフルスピード時と違い、
おそらく20~50%ほどのパワーで振られたと思います。

そして、100~150ヤードを狙った時の方が
打球は安定していたと思います。

ドライバーを安定させるには、
フルパワーで練習をするのではなく、
ハーフショットで少しずつ
力をいれていけるように練習をすることが大切です。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ