正しいテークバックで、スイングを安定させるには

正しいテークバックで、スイングを安定させるには

始動がぎこちないとスイングが安定しません。
特にドライバーショットでは、
ティアップした球の後ろにクラブヘッドをセットすると、
固まった状態になってスムーズな始動ができないことがあります。

テイクバックの始動をスムーズにするためには、
練習方法で自分の意識を変えることが大切です。

プロとは違いアマチュアはアドレスに入ると
身体に力が入り固まりやすくなっています。

しかもドライバーのヘッドをセットして
長い時間たつと緊張したように固まってしまって、
ヘッドを引くことができなくなってしまうこともあります。

このような時、従来から行われている
固まらない方法があります。

Sponsored Links


クリップしている手首を動かして
ヘッドを揺らす「ワッグル」や
スタンスを取った状態で「足踏み」をすることで
リラックしてセットする方法です。

これらの方法は本番では便利ですが、
練習場ではフォローの形から指導するようにします。

テークバックからスイングを開始し
9時の位置までクラブを上げたところから、
再度テイクバックを開始すると、
自然の動きの中でスムーズなショットが打てるようになります。

このスイング方法で練習することで
スイング全体もスムーズで滑らかな動きができるようになります。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ