痛恨!セカンドショットでダフらない方法

痛恨!セカンドショットでダフらない方法

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ティーショットのドライバーで
ナイスショットだったのはいいけれど、

その後のセカンドショットで
ボール手前の地面を
思い切り叩いてしまうような、

セカンドショットにまつわる
「アマチュアあるある」
のようなお悩みを解決します。

Sponsored Links


ドライバーは、ティーアップした状態の球を
打つものですから、地面すれすれではなく、

高い位置の球を打った」

というイメージが残ってしまいがちです。

そういったイメージを払拭するためには、
まず、視線の高さを下げてください。

そして、素振りをしてみましょう。

素振りの際に、
ヘッドが芝生をかすめたところがあれば、
それがボールに適切な位置といえます。

アドレスをそこに合わせて構えましょう。
そして、そこから打ちます。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ