知って得する!ドローボールの打ち方

知って得する!ドローボールの打ち方

ドローボールの打ち方を御紹介します。

クラブヘッドをダウンスイングでインサイドから入れ、
右の方に打ち出すという方法を前提として、
右に出したボールを捕まえるための
動きを御紹介します。

大切なのは、
腕をきちんとローテーションさせることです。
そうすることで、おのずとヘッドもターンします。

Sponsored Links


正しいフォームを後ろから見ると、
このようになります。
腕がローテーションできていれば、
グリップエンドが見えていると思います。

これが「ボールを捕まえている」状態です。

きちんと捕まらないという場合は、
スライスになっていて手が返らないため、
後ろから見ても、
グリップエンドが確認できなくなっています。

きちんと腕をローテーションさせ、
グリップエンドが見える動きを意識してください。

ここで、もう一つ重要な点を申し上げます。

フォロースルーのときに、
腕同士がくっつくように練習します。

これでローテーションが
スムーズにできるようになると思います。

練習の際には、御紹介したように
フォームを意識してやってみてください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ