簡単!ドライバーで飛距離を上げるゴルフ練習法

簡単!ドライバーで飛距離を上げるゴルフ練習法

ゴルファーであれば
誰しも飛距離を求めたいものです。

道具を変えても飛距離が変わらないようであれば、
少しだけスイングを変えることで
飛距離を伸ばすことができます。

そもそも飛距離を伸ばすには、
ボールの初速・打出し角・スピン量が関係してきます。

ところが一連の動きの中で
この3つのポイントを意識することは難しいものです。

そこでスイングを始動してから
テイクバックでトップまで、
トップからインパクトまでの
一連の動きからスイングの修正を行います。

Sponsored Links


今回は男性のヘッドスピードに多い41m/secをモデルに紹介します。

まずティアップは高くします。
ボールは爪先の延長線上にしますので、
基本からはボール1つ外側でセットします。

テイクバックではできるだけ
高くトップの位置まで上げて、
切り返しから急加速せずに
重力に引かれるようなイメージで
ゆっくりと振り下ろし始めます。

ここで急加速するとヘッドが遅れて
インパクトのヘッドスピードは落ちているのです。

トップまでコックの角度を90度に保つために
なるべく高く上げて、
そのグリップを縦に振るとスイングスピードが上がります。

ここで注意しなければいけないことは
「横振りしない」ことです。

縦振りは空に向かって打つ
アッパーブローにフライヤーを打つイメージです。

あとは、ノーコックのために
振り遅れますのでいつもより5%身体の回転を速くします。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ