膝立ちスイング練習法で、300ヤード飛ばす

膝立ちスイング練習法で、300ヤード飛ばす

ゴルフ動画レッスンは一番下からご覧ください。

ヒザ立ちでスイングの練習をすることで、
手をしっかりと返す
ということが身に付きます。

これを応用して、
助走をつけてボールを打つことが出来ます。
2歩ほど走りこんで打つと、
なかなか最初は当たりません。

それは、体が反れてしまったり、
手が返っていないからです。

Sponsored Links


しかし、何度かやると当たる様になります。

当たったときは
体の使い方も良い時なので、
ボールは良い飛び方をします。

この時の体の使い方を
いつも出来るようにすることが、
飛距離に繋がるのです。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ