1m以内のパットを上達するには目線が大事

1m以内のパットを上達するには目線が大事

パッティング編です。

1m以内のパッティングが苦手な方は
多くいらっしゃると思いますが、
その原因の一つに「目」があります。

目がどういう風に、
カップに対して動いてしまう
で、結果が大きく変わってしまうのです。

Sponsored Links


「パッティングは耳で聞け」
という名言がありますが、
それはすごくポイントとして正しくて、

それぐらい、ストローク中に
目を動かしてほしくないのです。

パットを苦手とする多くの方は、
構えてボールを見ている時に
視野の中でカップも見てしまっています。

視野の中にカップが見えてしまっていると、
カップに向かってストロークをしてしまい
結果ミスをしてしまうのです。

一番のポイントは、
どんなに短いパットでも、
ボウリング場にあるようなスパット、
つまり印を目指していただきたいのです。

カップ近くにスパットを置いても、
目の玉を動かすことになってしまいます。
目の玉を動かすと頭も動いてしまうので
よくありません。

目が動かない範囲に
スパットを置いてほしいので、
そうすると球のかなり近くになります。

パットの練習の時に、ティーをさして、
ゲートを作ってそこを必ず通す
という練習もかなり有効です。

詳しくは動画をご覧ください。

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ