バンカーショットのコツ、勘違いしてはうまくなりません

バンカーショットのコツ、勘違いしてはうまくなりません

苦手な人が多い、バンカーショット。

マニュアル通りに、
オープンスタンスでフェースを開いて
スイングをしているのに、
なんかうまくいかない・・・。

レッスンで習った通りにしているのになぁと
思っている人も多いかもしれません。

ですが、それもそのはずです。

一言でバンカーと言っても、
実はコンディションによって
使い分けをしなければいけないからです。

Sponsored Links


バンカーの種類についてですが、
大きく分けて、2種類あります。

1.やわらかい砂のバンカー
2.かたい砂のバンカー

砂の特徴に合わせて、
打ち方を変える必要があるということです。

今回ご紹介するのは
かたい砂でのバンカーショットのやり方です。
やわらかい砂でのバンカーショット記事はこちら

かたい砂では、
バンスが跳ね返るのが
大きなミスにつながります。

あまりフェースが開かないようにしてください。

打つときに小さく上げて、
落とすような感じで打っていきます。

クラブでVの字を書くような感じで
スイングをします。

詳しくは動画レッスンをご覧ください。

 

動画レッスン



結果にコミットする!

たった2ヶ月でスコア100を切るための、ゴルフスクール
今なら、30日間の完全返金保証付き
広告


こちらの記事もオススメです

広告
サブコンテンツ

このページの先頭へ